発注や売上管理にもPOSを利用しよう|飲食店の業務を効率化できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

人件費より品質向上

相談

ホテル業界での人件費はコストに大きく影響を及ぼします。そのため最近のホテルではセルフサービスを用いるところが多くなっています。会計などにもセルフサービスを利用するホテルが多いのです。アメニティグッズの品質向上もその一環です。

飲食ビジネスを効率化する

オフィス

スピードと正確性をアップ

店舗ビジネスにおいて、導入することで経営管理を著しく効率化できるとして高い評価を受けているのが、POSシステムです。POSシステムは、1日の売上を営業時間終了後にまとめて集計するのでなく、売上が発生した都度記録していく販売管理法です。情報端末を使って記録されたデータは、営業日ごとに集計することはもちろん、商品ごと、場合によっては顧客ごとにも集計することが可能になり、売上動向の把握を容易にします。このPOSシステムですが、導入のメリットが特に高いと言われている業種があります。それが、飲食店です。飲食店におけるPOSシステムは、売上管理のみならず発注管理にも利用することができます。すなわち、客からのオーダーを正確かつ迅速に厨房に伝えることで、サービスの質を向上させるのに役立つのです。たとえばレストランの場合だと、接客担当者が客の注文を受け、それをハンディ式の情報端末に入力します。セルフサービス式の飲食店なら、簡単なボタン操作で客自らに入力させることも可能です。するとその情報は厨房にある受注用のマシンに即座に伝送され、調理担当者に伝わります。このシステムによって、接客担当がフロアと厨房を何度も往復する必要がなくなり、ランチタイムなどの繁忙時における負担を軽減することが可能になります。もちろん、そこで入力されたデータは自動集計され、さまざまな観点からの分析に利用することができます。売上高の変化、メニュー別の注文数、客1組当たりの平均利用額や平均滞留時間など、飲食店ビジネスに欠かせない資料が簡単に作成できます。

フランチャイズを利用する

握手

大阪で多く提供される開業支援サービスに、フランチャイズ加盟があります。これは開業事例から成功のためのノウハウを抽出し、マニュアル化することでアドバイスに役立てているサービスです。チェーン店加盟することで、失敗のリスクを抑えた独立開業が可能となります。

訪日外国人の急増

会議

近年、インバウンド観光客が増えてきた事により、経済が活性化しています。国内で買い物や食事を楽しんだりする富裕層のインバウンド観光客も多く、クルーズ船を利用して九州の各地を訪れたり、飛行機や観光バスを利用して日本各地の観光地をめぐっています。